MSのフィル・スペンサー氏がファーストスタジオの重要性を説明、E3でXbox One独占タイトルを発表か | GameBusiness.jp

MSのフィル・スペンサー氏がファーストスタジオの重要性を説明、E3でXbox One独占タイトルを発表か

その他 その他

Microsoft Studiosの代表者であるPhil Spencer氏が、自身のTwitterで、担当分野であるファーストパーティースタジオの重要性について発言しました。
  • Microsoft Studiosの代表者であるPhil Spencer氏が、自身のTwitterで、担当分野であるファーストパーティースタジオの重要性について発言しました。
Microsoft Studiosの代表者であるPhil Spencer氏が、自身のTwitterで、担当分野であるファーストパーティースタジオの重要性について発言しました。

海外ユーザーの1人から、「Bungieがいなくなった今、MicrosoftにとってNaughty Dogのようなファーストスタジオはどこなのか」との質問を受けたSpencer氏。「Naughty Dogは素晴らしい経歴を持った特別なスタジオ、業界においてもユニークな存在」とした上で、「他と同じようなスタジオを作るのは我々のゴールではない」「偉大な内部スタジオを持つことは計画の一部、長期的な成功において必須である」と説明しています。

今週、Phil Spencer氏は「まだ未発表のXbox One独占タイトルがあるのか」との別のユーザー質問に対し、「既に計画が進行中で、2014年中に発表するつもり。今年のE3を大掛かりなものにしたい」と答えており、6月のE3 2014メディアブリーフィングでは更なる独占タイトルの発表が期待できそうです。

余談ですが、同氏はTwitterのプロフィールアイコンを初代XboxのMicrosoft国内開発タイトルとして知られる『ファントムダスト』に変更。本人が言うように単なるノスタルジアなのか、あるいは一連の発言に関連するものなのか気になるところです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら