ビジネス界に対しての警告でもある ― 子どものアプリ内課金の訴訟でアップルがFTCと和解成立、3,250万ドルをユーザーに返還へ | GameBusiness.jp

ビジネス界に対しての警告でもある ― 子どものアプリ内課金の訴訟でアップルがFTCと和解成立、3,250万ドルをユーザーに返還へ

その他 その他

アップルは、同社のモバイル端末を通じ、子どもが両親の許可なくアプリ内課金を利用した問題で、少なくとも3,250万ドルをユーザーに返還することを合意しました。
  • アップルは、同社のモバイル端末を通じ、子どもが両親の許可なくアプリ内課金を利用した問題で、少なくとも3,250万ドルをユーザーに返還することを合意しました。
アップルは、同社のモバイル端末を通じ、子どもが両親の許可なくアプリ内課金を利用した問題で、少なくとも3,250万ドルをユーザーに返還することを合意しました。

FTC(米連邦取引委員会)は、アプリ購入のために一度パスワードを入力すると、その後15分間は再入力の必要なく追加で購入できることを保護者に対しアップルが伝えていなかったと主張しており、同社が3,250万ドルを被害者に返還することで合意し、和解が成立しました。

和解条件の中には、アプリ内課金を実施する際には事前にユーザーから同意を得るような形での請求方法を保証するよう、従来の課金方法の見直しも含まれており、またこの件で影響を受けたと思われるユーザーに対して返金請求の方法を説明する通知を出すことも明記されています。さらに、もし消費者への返済金額が3250万ドルを下回る場合は、残りを全てFTCに支払う必要があります。

FTCがユーザーから受けた苦情の中には、『Tap Pet Hotel』というゲームの中で 2,600ドルもの課金があった例などがあり、ほかにも『Dragon Story』や『Tiny Zoo』で500ドル以上の被害があったということです。

FTCのラミレス委員長は、「この和解はアップルの不公平な支払い請求により損害を受けた消費者の勝利であり、ビジネス界に対しての警告でもある」と語っています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら