加賀電子、連結子会社であるサイバーフロントを解散 ― 前経営者が構築した経営体制の立て直しは困難 | GameBusiness.jp

加賀電子、連結子会社であるサイバーフロントを解散 ― 前経営者が構築した経営体制の立て直しは困難

その他 その他

加賀電子は、12月19日開催の取締役会において、同社の連結子会社であるサイバーフロントを解散することを決議したと発表しました。

サイバーフロントは、2002年4月に加賀電子のグループ子会社となったゲームメーカーで、『プリンセスメーカー』シリーズや『ウォーキング・デッド』『スカルガールズ』など、PCゲームからコンシューマーゲームまで場広いゲームを発売しています。

◆解散の理由

サイバーフロントの株式を2002年4月に51%取得し、同事業の伸長に向け支援。しかしながら、サイバーフロントの経営状況は必ずしも良化せず、経営改革をスピーディーに行うため、2013年3月に同社を当社の完全子会社とし、経営陣の刷新を行うなど事業の立て直しを進めてまいりましたが、前経営者が構築した経営体制の立て直しは困難であると判断した結果、解散決議にいたりました。

◆子会社の概要

(1)商 号 株式会社サイバーフロント
(2)本店所在地 東京都中央区八丁堀三丁目27番10号KSK Eastビル7階
(3)設立年月日 平成10年8月11日
(4)代 表 者 清算人 榎本 聡
(5)事業内容 ゲームソフトウェアやアプリケーションソフトウェアの企画、開発、製作および販売等
(6)資 本 金1億円
(7)持株比率 加賀電子株式会社100%
(8)最近の財政状態および経営成績

なお、サイバーフロント側からの発表はなく(12月19日18時現在)、新作に『東京新世録 オペレーションアビス』『WRC 4 FIA ワールドラリーチャンピオンシップ』などが控えています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら