CyberZ、アプリのダウンロード数に応じてユーザーが入手できる特典アイテムが増えるレイド型CPI広告「Double App Games」を提供開始 | GameBusiness.jp

CyberZ、アプリのダウンロード数に応じてユーザーが入手できる特典アイテムが増えるレイド型CPI広告「Double App Games」を提供開始

その他 その他

株式会社CyberZ  が、アプリのダウンロード数に応じてユーザーが入手できるゲーム内アイテムが増えるレイド型CPI広告「Double App Games」の提供を開始した。
  • 株式会社CyberZ  が、アプリのダウンロード数に応じてユーザーが入手できるゲーム内アイテムが増えるレイド型CPI広告「Double App Games」の提供を開始した。
株式会社CyberZが、アプリのダウンロード数に応じてユーザーが入手できるゲーム内アイテムが増えるレイド型CPI広告「Double App Games」の提供を開始した。

「Double App Games」は、24時間限定でゲーム内アイテムを配布するフラッシュマーケティング要素を取り入れ、ユーザーがゲーム感覚で参加でき、ユーザーが一定数集まると、ダウンロード対象のアプリ内で利用できるゲーム内アイテムを入手できる広告商品。ソーシャルメディアと連携した友達紹介機能によって、ゲーム内アイテムが欲しいユーザー同士の広がりが期待でき、これにより通常のCPI広告よりも継続率のより高い新規ユーザーを大幅に拡大させることが可能となる。

また、アプリレビューサイトや大手ゲーム情報ポータルサイトと提携しているため、ゲーム情報等を同時に公開することができ、新作ゲームに対し関心の高いユーザーにリーチできる。既に同社が提供しているスマートフォン広告向けソリューションツール「Force Operation X」のSDKを対象のスマートフォンゲームに導入することで、起動後のLTV計測やアクセス解析がもでき、不正ユーザーを防ぐ重複排除の徹底により精度の高い効果測定を行うことができる。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら