スーパーセルのスマホ向け農業ゲーム『Hay Day』、日本語対応を開始 | GameBusiness.jp

スーパーセルのスマホ向け農業ゲーム『Hay Day』、日本語対応を開始

その他 その他

フィンランドのソーシャルゲームディベロッパーの  スーパーセル  が、同社が提供中のiOS向け農業ゲーム『Hay Day』(ヘイ・デイ)にて日本語対応を開始した。
  • フィンランドのソーシャルゲームディベロッパーの  スーパーセル  が、同社が提供中のiOS向け農業ゲーム『Hay Day』(ヘイ・デイ)にて日本語対応を開始した。
フィンランドのソーシャルゲームディベロッパーのスーパーセルが、同社が提供中のiOS向け農業ゲーム『Hay Day』(ヘイ・デイ)にて日本語対応を開始した。

『Hay Day』は自分の農場で作物や動物を育てたり、魚を釣ったり、農場での収穫物を使って料理をしたり、お店でそれらを売ったりして農場経営をシミュレーションできるゲーム。戦略シミュレーションゲーム『Clash of Clans』と同様に同社の看板タイトルで、海外の無料アプリ人気ランキングの上位を常にキープしている。

なお、同社では日本語対応開始に合わせてHay Dayの日本語Twitterアカウントも開設し、ゲームの情報を発信している。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら