任天堂、容易なクロスプラットフォーム化を実現する「MonoGame Framework」をWii Uに導入か | GameBusiness.jp

任天堂、容易なクロスプラットフォーム化を実現する「MonoGame Framework」をWii Uに導入か

その他 その他

海外サイト「siliconera」が、任天堂は、マイクロソフトの「XNA 4.x Framework」に基づくオープンソーステクノロジー「MonoGame Framework」をWii Uに導入することを計画していると伝えています。
  • 海外サイト「siliconera」が、任天堂は、マイクロソフトの「XNA 4.x Framework」に基づくオープンソーステクノロジー「MonoGame Framework」をWii Uに導入することを計画していると伝えています。
  • 海外サイト「siliconera」が、任天堂は、マイクロソフトの「XNA 4.x Framework」に基づくオープンソーステクノロジー「MonoGame Framework」をWii Uに導入することを計画していると伝えています。
海外サイト「siliconera」が、任天堂は、マイクロソフトの「XNA 4.x Framework」に基づくオープンソーステクノロジー「MonoGame Framework」をWii Uに導入することを計画していると伝えています。

「MonoGame Framework」は現在のところWindows (DirectX、OpenGL)、 Linux、 Mac OS X、 Windows Phone 8、 iOS、Android、PS MobileとOuyaのサポートが確認されており、非常に簡単にクロスプラットフォーム化が実現できるとのこと。

また、「XNA 4.x Framework」は、印象的なナレーションとアーティスティックなビジュアル、進行に合わせて形作られていくステージなどで注目を集めたアクションRPG『Bastion』や、2Dと3Dを融合させたアクションパズルゲーム『Fez』、ガイコツの武士たちが戦うコミカルな2DシミュレーションRPG『Skulls of the Shogun』といった、Xbox 360のライブアーケードで配信されているタイトルでも使われています。

「MonoGame Framework」の採用が決定すればインディーズ系デベロッパーへ向けた選択肢の拡張ともなりそうです。他機種で人気のタイトルが、Wii Uへ移植されるという可能性も高まるかもしれませんね。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら