ソニーの元広告代理店Deutsch LAが任天堂と契約 ー グローバルマーケットを担当 | GameBusiness.jp

ソニーの元広告代理店Deutsch LAが任天堂と契約 ー グローバルマーケットを担当

その他 その他

Interpublic GroupのDeutsch LAが、任天堂の広告代理店として新たに加わることが判明しました。
  • Interpublic GroupのDeutsch LAが、任天堂の広告代理店として新たに加わることが判明しました。
Interpublic GroupのDeutsch LAが、任天堂の広告代理店として新たに加わることが判明しました。

Deutsch LAは、プレイステーションの広告代理店を5年務め、主に日本以外のグローバルマーケットを担当していた会社です。海外メディア「Adweek」が伝えるところによると、今後同社は任天堂の広告代理店としてデジタルおよびソーシャルメディアマーケティングを担当。それに加え、eコマースや従来の任天堂ゲームの広告なども手掛けると発表されています。

記事では、任天堂が今回の選定の前に5つの会社を候補にあげていたことも紹介しており、Deutsch LAはこの契約で500万ドル以上の収益が見込めるとしています。米国任天堂は昨年8,200万ドルをメディアに対し費やしており、うち1,800万ドルがデジタルメディアだったことがマーケティングリサーチ会社「カンター」の調査で明らかになっています。

なお、ソニーは今年に入ってから広告代理店をDeutsch LAから変更。現在はBBH New Yorkがグローバルマーケティングを担当しています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら