アクティビジョン・ブリザードが約8,200億円を支払い親会社のビベンディから分離独立へ | GameBusiness.jp

アクティビジョン・ブリザードが約8,200億円を支払い親会社のビベンディから分離独立へ

その他 その他

大手パブリッシャーのアクティビジョン・ブリザードは、総額81億7千万ドル(約8,170億円)にてフランスの親会社ビベンディ・エニバーサルから分離独立する契約を締結したと発表しました。

2007年にメディア複合企業ビベンディによってアクティビジョンが買収され、傘下にあったブリザードと合併して設立された同社ですが、今回の契約にて再び独立企業として経営が行われることになります。

契約では、アクティビジョン・ブリザードは4億2,900万株の自社株式を58億3千万ドルにてビベンディより買い取り、CEOであるBobby Kotick氏と共同会長のBrian Kelly氏を筆頭とした投資グループASAC IIが1億7,200万株を23億4千万ドルにて買い戻すことになります。両社は独立後も引き続き同じ立場で経営に携わっていくことのこと。

株式の移行は今年9月にも終える予定。ビベンディは引き続き12%の株式を保有する大株主として残ります。アクティビジョン・ブリザードは自社株を24.9%を保有することになります。

Bobby Kotick氏は、今回の取り引きは会社と株主、ビベンディにとって巨大なチャンスになるとコメント。最高クラスのフランチャイズラインナップを持ち、長期的な株主価値を率いる柔軟な取り組みを行い、そして世界で最も重要なエンターテイメント企業の1つとしてリーダーシップを拡張していく独立した会社として、今後も力強く存在し続けなければならないとしています。また独立後も同社には30億ドル以上の資金が残ることも明らかにされています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら