海外のゲームメディアGiant Bombの共同設立者であるRyan Davis氏が34歳の若さで死去 | GameBusiness.jp

海外のゲームメディアGiant Bombの共同設立者であるRyan Davis氏が34歳の若さで死去

その他 その他

Jeff Gerstmann氏と共にGameSpotを退社し「楽しいビデオゲームウェブサイト」を目指してGiant Bombを設立した Ryan Davis氏 が、34歳の若さでこの世の去ったことが明らかとなりました。つい先日にも結婚したばかりのDavis氏ですが、Giant Bombが投稿した記事によれば現
  • Jeff Gerstmann氏と共にGameSpotを退社し「楽しいビデオゲームウェブサイト」を目指してGiant Bombを設立した Ryan Davis氏 が、34歳の若さでこの世の去ったことが明らかとなりました。つい先日にも結婚したばかりのDavis氏ですが、Giant Bombが投稿した記事によれば現
Jeff Gerstmann氏と共にGameSpotを退社し「楽しいビデオゲームウェブサイト」を目指してGiant Bombを設立したRyan Davis氏が、34歳の若さでこの世の去ったことが明らかとなりました。つい先日にも結婚したばかりのDavis氏ですが、Giant Bombが投稿した記事によれば現地時間の7月3日付けで死亡が確認されたとのこと。死因は明らかにされていません。

当時GameSpotを突如解雇され、『Kayne & Lynch: Dead Men』に酷評を与えたことでEidosと広告契約を結んでいた親会社CNETに目を付けられたのではないかと噂されていたJeff Gerstmann氏。同氏の解雇を巡りGameSpotからはライター達が多数離脱することとなり、その中でもRyan Davis氏はGestmann氏と共にGiant Bombの設立に尽力していまいた。

Gerstmann氏は「君はもちろん一番面白い奴だったし、誰もそのことを疑いはしなかったが、ジョークでみんなを仲間みたいな雰囲気にしてしまうのが君の本当の才能だったんだろうな」とコメント。「みな君のことを恋しがるだろう」と別れの言葉を綴っています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら