東南アジア初 来年5月にマレーシアにて『Angry Birds』のテーマパークがオープン | GameBusiness.jp

東南アジア初 来年5月にマレーシアにて『Angry Birds』のテーマパークがオープン

その他 その他

アジアに住む北欧人向けのニュースサイト  ScandAsia.com  によれば、2014年5月にマレーシアのジョホールバル市内にあるショッピングセンター「Johor Baharu City Centre 」(JBCC)内に人気ゲームアプリ「  Angry Birds  」シリーズのテーマパーク(アクティビティパーク
  • アジアに住む北欧人向けのニュースサイト  ScandAsia.com  によれば、2014年5月にマレーシアのジョホールバル市内にあるショッピングセンター「Johor Baharu City Centre 」(JBCC)内に人気ゲームアプリ「  Angry Birds  」シリーズのテーマパーク(アクティビティパーク
アジアに住む北欧人向けのニュースサイトScandAsia.comによれば、2014年5月にマレーシアのジョホールバル市内にあるショッピングセンター「Johor Baharu City Centre 」(JBCC)内に人気ゲームアプリ「Angry Birds」シリーズのテーマパーク(アクティビティパーク)がオープンするという。

Angry Birdsを運営するRovio Entertainmentは、マレーシアでのテーマパーク建設のためにJBCCを運営するJohor Corporation (JCorp)の子会社であるDamansara Assets Sdn Bhdと向こう10年間に渡るライセンス契約を締結。Angry Birdsのテーマパークは既にフィンランドとイギリス、アメリカ、中国でオープンしているが、東南アジア地域に作られるのはこれが初となる。面積は約2.6万平方フィートで、JBCCの3階に屋内施設としてオープンし、中にはAngry Birdsのキャラクターの遊具で遊べるコーナーの他グッズショップや飲食店も併設され子供だけでなく大人も楽しめる場所になるとのこと。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら