『Angry Birds』のRovio、2012年の売上は約1824億円 | GameBusiness.jp

『Angry Birds』のRovio、2012年の売上は約1824億円

その他 その他

TechCrunchMashableなど複数の海外メディアが伝えるところによれば、人気ゲームアプリ『Angry Birds』を開発・提供するRovio Entertainmentが2012年の決算報告を発表し、1億5220万ユーロ(約1824億円)の売上を計上し純利益は5550万ユーロ(約66億円)に上ったことを明らかにした。

同社によれば、特に『Angry Birds Space』『Amazing Alex』『Bad Piggies』『Angry Birds Star Wars』の4作品が同社の利益に貢献しているとのことで、2012年5月には同社のゲームアプリの総ダウンロード件数が10億件を突破し、同年12月には月間アクティブユーザー数が2億6300万人に到達した。

またRovioのスタッフ数も、2012年には224名だったのが現在は2倍以上の518名に増強されているという。なお、現在の同社の主な収益源はゲームのダウンロード、仮想アイテム販売、広告だが、今後はグローバル市場に於けるIP活用とフランチャイズ事業への取り組みを強化していくとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら