【GDC 2013 Vol.35】インディーズの祭典IGF Awards受賞作が発表、Grand Prizeはモノクロライフゲーム『Cart Life』に | GameBusiness.jp

【GDC 2013 Vol.35】インディーズの祭典IGF Awards受賞作が発表、Grand Prizeはモノクロライフゲーム『Cart Life』に

GDCのメインイベントとして、Game Developer Choice Awardsと合わせて毎年開催されている Independent Games Festival Awards(IGF Awards) の受賞作品が発表されました。

その他 その他
GDCのメインイベントとして、Game Developer Choice Awardsと合わせて毎年開催されているIndependent Games Festival Awards(IGF Awards)の受賞作品が発表されました。

最高賞金額30,000ドルのSeumas McNally Grand Prizeを勝ち取ったのは、Richard Hofmeier手がけるモノクロのライフシミュレーター『Cart Life』。本作はこの他にもNuovo Award、Excellence in Narrativeの計3部門を受賞する快挙を成し遂げています。

その他、昨年大ヒットを記録した『FTL: Faster Than Light』がオーディエンス部門とデザイン部門で二冠を達成する等、大作タイトルに引けをとらないユニークなゲームが集う近年のインディーズ業界を象徴するような作品がそれぞれ栄冠を勝ち取っています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

  • Excellence in Visual Art ($3,000):
  • 『Kentucky Route Zero』(Cardboard Computer)


  • Nuovo Award ($5,000):
  • Excellence in Narrative ($3,000):
  • Seumas McNally Grand Prize ($30,000):
  • 『Cart Life』(Richard Hofmeier)


  • Excellence in Audio ($3,000):
  • 『140』(Jeppe Carlsen)


  • Technical Excellence ($3,000):
  • 『Little Inferno』(Tomorrow Corporation)


  • Best Student Game ($3,000):
  • 『Zineth』(Rensselaer Polytechnic Institute)


  • Audience Award ($3,000):
  • Excellence in Design ($3,000):
  • 『FTL: Faster Than Light』(Subset Games)

    各部門のノミネート作品やゲームの詳細な情報が公式ブログにて紹介されているので、興味のある方はそちらも是非御覧下さい。
    《GameBusiness.jp》

    関連ニュース

    特集

    人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら