Xbox Awardsの個人情報流出問題をマイクロソフトが謝罪、お詫びとして対象者に1600MSPを配布 | GameBusiness.jp

Xbox Awardsの個人情報流出問題をマイクロソフトが謝罪、お詫びとして対象者に1600MSPを配布

その他 その他

先日より開始された「Xbox Entertainment Awards 2013」の公式サイトにて、一時的に投票者の個人情報が観覧可能な状態となっていた件について、マイクロソフトが正式に声明を発表しています。

今回の件は、賞品抽選フォームの情報が誤って公開されてしまったとの事で、不注意から投票アプリのパーソナルデータが一時観覧可能となっていたと改めて説明。「イギリスの該当Facebookページを削除すると共に今回の過失を心から謝罪します。」とユーザーへ謝罪の意を示しています。

既に確認されている通り、公式サイトに掲載されていたのはEメール、ゲーマータグ、生年月日となり、これらの情報からアカウントが侵害される事はないとの事。しかしながら安全性を確保する為、公式サイトのアカウントセキュリティページをチェックする事が強く勧められています。また、対象者にはお詫びとして1600マイクロソフトポイントが無料で配布されているようです。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら