「黒川塾(伍)」来年1月11日に開催決定 ― 新春放談「次世代型ゲーム開発論」 | GameBusiness.jp

「黒川塾(伍)」来年1月11日に開催決定 ― 新春放談「次世代型ゲーム開発論」

その他 その他

エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(伍)」を2013年1月11日に開催することを発表しました。
  • エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(伍)」を2013年1月11日に開催することを発表しました。
  • エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(伍)」を2013年1月11日に開催することを発表しました。
  • エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(伍)」を2013年1月11日に開催することを発表しました。
  • エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(伍)」を2013年1月11日に開催することを発表しました。
  • エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(伍)」を2013年1月11日に開催することを発表しました。
エンタテインメントの未来を考える会は、「黒川塾(伍)」を2013年1月11日に開催することを発表しました。

「エンタテインメントの未来を考える会」(黒川塾)は、セガ、デジキューブ、ブシロード、NHNJapanにて宣伝広告・企画などを担当していた黒川文雄氏がナビゲートするイベント。“新たな気付き”“明日からの活力”になる勉強会、企画を開催するものです。また毎回、多才なゲストを招待しての事例紹介、クロストーク、リスナー参加型の質疑応答なども行っています。

今回の「黒川塾 伍」は、“新春放談!!「次世代型ゲーム開発論」”として、黒川氏に加え、ゲーム企画・開発・運営に関して多くの事例に関わった山本一郎氏、マルチデバイスへの新しいゲームソフト開発に必要不可欠なツール「Unity」の日本における伝道師ともいえるべきユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 日本担当ディレクター大前広樹氏、NHN Japanにて、LINE向けゲーム開発・クオリティ管理の責任者を務める馬場一明氏、そして、NHN Japanとグラスホッパー・マニファクチュアとのLINE向け共同開発コンテンツ「イージーダイバー」を開発中のゲーム作家 飯田和敏氏が参加し、「ポスト据え置き機時代の開発思想のフレームワーク」を語り尽くす内容とのこと。

今回は、2013年からの次世代的なゲーム開発の在り方や、企画、開発、運営におけるあり方の研究を目指します。

■進行ナビゲーター・コメンテーター
・黒川文雄
東京都生まれ。アポロン音楽工業を経て、ギャガコミュニケーションズ(現在のギャガ)にて映画配給宣伝、セガエンタープライゼス(現在のセガ)にてゲーム宣伝を革新的に進化させ、ゲーム内広告を日本で初めて展開、デジキューブにてゲームソフトのコンビニ流通を開拓、デックスエンタテイメントにてネット型対戦カードゲーム「アルテイル・ネット」を展開、ブシロードにて製造管理ならびに海外販売、NHNJapanにては家庭用ゲーム会社との大型の共同タイトルを開発。

■ゲスト
・イレギュラーズアンドパートナーズ 代表取締役 山本一郎
・ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社 日本担当ディレクター 大前広樹
・ゲーム作家 飯田和敏
・NHN Japan 執行役員 ゲーム本部 スマートフォンゲーム制作室長 馬場一明

「黒川塾(伍)」は、「南青山 サイバーエージェント・ベンチャーズ STARTUP Base Camp」(〒107-0052東京都港区赤坂八丁目5番26号 赤坂DSビル3F)にて、1月11日19時00分より開場、19時30分開始。参加費は3,000円(1ドリンク代込み)、学割2,500円(専門学校・大学など学生証持参の必要有り)。時間は、90分ほどの予定(終了後懇親交流会あり)です。
《富岡昌》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら