バンダイナムコゲームスのソーシャルゲームの累計登録者数が3,000万人突破 | GameBusiness.jp

バンダイナムコゲームスのソーシャルゲームの累計登録者数が3,000万人突破

その他 その他

株式会社バンダイナムコゲームス  が、同社が配信するソーシャルゲームの累計登録者数が2012年12月10日(月)に3,000万人を突破したと発表した。2012年5月の2,000万人突破から約半年で新たに1,000万ユーザーを獲得したことになる。
  • 株式会社バンダイナムコゲームス  が、同社が配信するソーシャルゲームの累計登録者数が2012年12月10日(月)に3,000万人を突破したと発表した。2012年5月の2,000万人突破から約半年で新たに1,000万ユーザーを獲得したことになる。
  • 株式会社バンダイナムコゲームス  が、同社が配信するソーシャルゲームの累計登録者数が2012年12月10日(月)に3,000万人を突破したと発表した。2012年5月の2,000万人突破から約半年で新たに1,000万ユーザーを獲得したことになる。
  • 株式会社バンダイナムコゲームス  が、同社が配信するソーシャルゲームの累計登録者数が2012年12月10日(月)に3,000万人を突破したと発表した。2012年5月の2,000万人突破から約半年で新たに1,000万ユーザーを獲得したことになる。
株式会社バンダイナムコゲームスが、同社が配信するソーシャルゲームの累計登録者数が2012年12月10日(月)に3,000万人を突破したと発表した。2012年5月の2,000万人突破から約半年で新たに1,000万ユーザーを獲得したことになる。

同社によれば、『ONE PIECE グランドコレクション』や『ガンダムロワイヤル』をはじめとするキャラクターのコンテンツが人気を牽引しており、それぞれの世界観を踏襲したゲーム内イベントの実施やプレーヤー属性を分析しながらの運営、オリジナルキャラクターのCD発売や他社とのコラボレーション企画を実施し、IP(知的財産)そのものの認知・顧客満足度を向上してきたことなどが功を奏したとのこと。

主なタイトルの登録者数の内訳は以下のとおり。

・「ONE PIECE グランドコレクション」 約400万人
・『機動戦士ガンダム』関連タイトル(「ガンダムロワイヤル」「ガンダムマスターズ」「ガンダムカードコレクション」)3 タイトル合計 約800万人
・「アイドルマスター シンデレラガールズ」 約250万人
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら