『テイルズ オブ』シリーズ、世界累計出荷本数が1500万本突破 ― 最新作『エクシリア2』は48万本出荷 | GameBusiness.jp

『テイルズ オブ』シリーズ、世界累計出荷本数が1500万本突破 ― 最新作『エクシリア2』は48万本出荷

その他 その他

バンダイナムコゲームスは、人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計出荷本数が12月4日に1500万本を突破したことを発表しました。また、最新作であるPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア2』の販売も好調で48万本を出荷しています。
  • バンダイナムコゲームスは、人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計出荷本数が12月4日に1500万本を突破したことを発表しました。また、最新作であるPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア2』の販売も好調で48万本を出荷しています。
  • バンダイナムコゲームスは、人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計出荷本数が12月4日に1500万本を突破したことを発表しました。また、最新作であるPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア2』の販売も好調で48万本を出荷しています。
  • バンダイナムコゲームスは、人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計出荷本数が12月4日に1500万本を突破したことを発表しました。また、最新作であるPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア2』の販売も好調で48万本を出荷しています。
バンダイナムコゲームスは、人気RPG『テイルズ オブ』シリーズの全世界累計出荷本数が12月4日に1500万本を突破したことを発表しました。また、最新作であるPS3ソフト『テイルズ オブ エクシリア2』の販売も好調で48万本を出荷しています。

『テイルズ オブ』シリーズは、1995年に発売されたスーパーファミコンソフト『テイルズ オブ ファンタジア』以来、17年に渡り多くのファンから支持を集める人気シリーズです。敵対する存在にも正義があるという「共存」というテーマが、シリーズを通じて描かれ、タイトルごとのメッセージや、アクション性の高いバトルシステムが評価されています。

また、近年はソーシャルゲームやスマホ向けアプリ、PCブラウザゲーム、グッズ販売など、ゲーム以外にも展開しています。シリーズ作品の声優陣が集結する「テイルズ オブ フェスティバル」やナムコ・ナンジャタウンとのコラボなど、様々なイベントでも人気を博しています。

今回の発表をうけ、『テイルズ オブ』シリーズの統括プロデューサーである吉積信氏は「95年の発売から16年に『テイルズ オブ』シリーズを手掛けてまいりましたが、ここまでこれましたのも、応援いただきました皆様、またご協力いただきました皆様のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。11月1日に発売した最新作『テイルズ オブ エクシリア2』も多くの皆様にご好評いただいており、次の20周年に向けて引き続きフルスロットルで頑張っていきたいと思います」とコメントしています。

なお、2008年にニンテンドーDS発売された『テイルズ オブ ハーツ』をPS Vita向けに再構築した『テイルズ オブ ハーツ R』が2013年春に発売予定です。

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介
(C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc.
《宮崎紘輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら