ソニー、PS4「Orbis」の最新開発機材を出荷か・・・米国メディア報じる | GameBusiness.jp

ソニー、PS4「Orbis」の最新開発機材を出荷か・・・米国メディア報じる

その他 その他

来年以降に登場すると見られているソニーの次世代ゲーム機の最新の開発機材がデベロッパーに出荷されたと、米国のVG247が報じています。

複数の情報筋によれば次世代機(プレイステーション4もしくはコードネーム「Orbis」という名前で伝えられる)の開発機材は4つのバージョンが計画されているということで、これまでに提供されていた最初のバージョンはグラフィックカードのみで構成。今回届けられた2番目のものはPCを独自スペックに改装したもの。更に最終版に近いものが来年1月に予定されていて、最終版は来年夏になるとのこと。ちなみに機材は日本製ではないようです。

また、ソニーはデベロッパー向けのミーティングを開催し、ゲーム機の詳細や幾つかのデモを行ったとのこと。ソニーはこのミーティングで「Orbis」という呼称を用いて、「プレイステーション4」という言葉は一度も使わなかったとのこと。

気になる「Orbis」のスペックですが、基幹となるのはAMDが開発するAPU(CPUとGPUを融合させたチップ)の「A10 APU」をベースとしたもの。プロジェクトのゴールは1080p60のゲームを3Dで「問題なく」動作させる十分な性能を実現することで、RAMは8GBか16GBが搭載される模様。ディスクはブルーレイディスク。ストレージは256GBが標準だとのことですが、HDDかSSDかは不明。入出力は現行のPS3と変わりないとのこと。コントローラーに関しては不明。

UIは快適なプレイを実現するために進化を遂げていて、例えばPSボタンを押すことで、ゲーム中であっても、メニューからあらゆる機能にアクセスでき、ゲーム中にPS StoreからDLCをダウンロードして、すぐにゲームに戻る、といったことも可能だそうです。また、バックグラウンドでのダウンロードやアップデートについても強化されているとのこと。

情報筋は、PS3で課題となった開発の困難さについて「Orbis」では同じ過ちを繰り返さないのが目標だと伝えています。発表は来年のE3になるのではないかとのこと。真偽の程は不明ですが気になる情報です。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら