Valveが手がける初のハードウェア製品は来年にもパブリックベータが開始 | GameBusiness.jp

Valveが手がける初のハードウェア製品は来年にもパブリックベータが開始

その他 その他

これまでにも何度かValveによるハードウェア開発の噂が囁かれて来ましたが、同社ハードウェア部門のJeri Ellsworth氏がEngadgetのインタビューにて、現在のハードウェア開発の状況を明らかにしました。

Ellsworth氏の話によればハードウェア部門の現在の目標は「リビングルームでプレイするSteamゲームをより楽しいものにする」との事で、先日ベータテストが開始された「Big Picture」モードのチームと協力し、多くのSteamゲームで見つかったコントロール障壁に対するハードウェアソリューションを開発しているそうです。

またハードウェア部門は様々な製品のパブリックベータを計画しており、早ければ来年にも最初の製品のパブリックベータを行いたいとEllsworth氏は伝えています。なお内部ベータは既に進行しているとの事です。ソフトウェアで分野で様々な革新を続けてきたValveだけに、ハードウェア分野でも何らかの革新を起こしてくれるのではないかと期待が高まりますね。

最後に余談ですがEllsworth氏のYouTubeチャンネルでは、これまでに彼女が手がけた様々な開発品が技術解説付きで公開されているので、興味がある方は是非ご覧ください。

《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら