Kabam、他社タイトルのパブリッシング事業も開始 | GameBusiness.jp

Kabam、他社タイトルのパブリッシング事業も開始

その他 その他

米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Kabam  が、ソーシャルゲームのパブリッシング事業にも着手した。その第一弾として  5th Planet Games  のカードバトルソーシャルゲーム『CLASH OF THE DRAGONS』の提供を行っている。
  • 米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Kabam  が、ソーシャルゲームのパブリッシング事業にも着手した。その第一弾として  5th Planet Games  のカードバトルソーシャルゲーム『CLASH OF THE DRAGONS』の提供を行っている。
米カリフォルニア州に拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのKabamが、ソーシャルゲームのパブリッシング事業にも着手した。その第一弾として5th Planet Gamesのカードバトルソーシャルゲーム『CLASH OF THE DRAGONS』の提供を行っている。

5th Planet GamesもKabamと同様にカリフォルニアに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーで、カードバトル形式のソーシャルゲームの開発を多く手がけている。『CLASH OF THE DRAGONS』は昨年よりFacebookと無料オンラインゲームポータルサイト「Kongregate」にてサービスを開始したカードRPG。

カードとカードに描かれたキャラクターがフィールド上に立体的に表示されるグラフィックが特徴で、臨場感あるバトル演出が楽しめる。

Kabamでは自社開発のタイトルを同社サイト内でもFacebook Connectを利用して配信しているが、現在それらと併せて5th Planet Gamesの『CLASH OF THE DRAGONS』の配信も行っている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら