パブリッシャーのTHQ、E3 2012の自社ブース設置を断念 | GameBusiness.jp

パブリッシャーのTHQ、E3 2012の自社ブース設置を断念

その他 その他

経営不振で苦境に立たされているパブリッシャーのTHQですが、6月に開催迫るE3 2012では自社ブースを設けない予定であることが分かりました。
  • 経営不振で苦境に立たされているパブリッシャーのTHQですが、6月に開催迫るE3 2012では自社ブースを設けない予定であることが分かりました。
経営不振で苦境に立たされているパブリッシャーのTHQですが、6月に開催迫るE3 2012では自社ブースを設けない予定であることが分かりました。

これは同社広報担当が、GamesIndustryの取材で明らかにしたもので、ブースは設置しないものの、新作ゲームの披露はもちろん、ミーティング用のプレスセンターを実施したり、ファーストパーティーアクティビティへの関与といった形で、E3自体への参加は決めているとのこと。

GamesIndustryによると、E3ブースの大掛かりなものになると設置コストは100万ドルを超えるといい、スタジオのレイオフや幹部の大幅な減給を余儀なくされているTHQにとって、やむを得ない苦渋の決断だったことが伺えます。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら