ゲームの中毒性を知るには遊ぶのが一番・・・NYTimesが広告も撃ち落とせるシューティングを掲載 | GameBusiness.jp

ゲームの中毒性を知るには遊ぶのが一番・・・NYTimesが広告も撃ち落とせるシューティングを掲載

その他 その他

米紙「ニューヨーク・タイムズ」は、ゲームの中毒性について述べた7ページの記事「Just One More Game ...」(日本語にすると
  • 米紙「ニューヨーク・タイムズ」は、ゲームの中毒性について述べた7ページの記事「Just One More Game ...」(日本語にすると
米紙「ニューヨーク・タイムズ」は、ゲームの中毒性について述べた7ページの記事「Just One More Game ...」(日本語にすると"もう一回だけ"くらいでしょうか)にて記事内にシューティングゲームを用意するという荒業に出ています。

記事の冒頭では、ベルリンの壁が崩壊する数年前にロシア(当時のソ連)にて生み出されたあるゲームの権利を任天堂が獲得し、それがゲームボーイと一緒に売り出されて世界的なヒットとなったエピソードが紹介されます。『テトリス』と呼ばれたこのゲームは携帯ゲーム機との相性の良さもあり、数多の派生ゲームを誕生させ、自身も現在でも愛されます。

『テトリス』や『Angry Birds』そしてジンガの『ファームビレ』などに共通するものとして記事では「もう一回」と言いたくなってしまう中毒性にあると指摘。それを簡単に体験する手段として記事中にはシンプルなシューティングゲームが埋め込まれています。

「ENTERキー」を押せばゲームがスタート。上下左右のキーで砲台の方向をコントロール。「スペースキー」で弾を放ちます。広告も関連記事も撃ち落とせてしまいますが、本文だけはビクともしません。「ペンは剣より強し」ってことですかね?

スコアも表示されて競い合うこともでき、ゲーム要素も備えています。ぜひチェックしてみてください。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら