日本一ソフトウェア、ディスガイア好調で業績上方修正 | GameBusiness.jp

日本一ソフトウェア、ディスガイア好調で業績上方修正

その他 その他

日本一ソフトウェアが3日発表した平成24年3月期 第3四半期業績は、売上高19億8100万円(+79.0%)、営業利益4億1500万円(+683.1%)、経常利益4億0100万円、純利益2億8300万円でした。

人気を集めている「魔界戦記ディスガイア」を中心に展開を行なっている同社。今期はPlayStation Vitaと同時発売となった『魔界戦記ディスガイア 3 Return』が好調だったほか、オンライン事業に分類される前期にPS3で発売した『魔界戦記ディスガイア4』のダウンロードコンテンツやAndroidスマートフォン向け『無限魔界ディスガイア』も好調でした。オンライン事業では強化を図るため子会社ディオンエンターテインメントも設立しています。

ライセンス事業ではドリコムと共同事業としてGREEとmixi向けに提供しているソーシャルゲーム『ビックリマン』が好調でした。

その他の事業では受託開発を行った『うたの☆プリンセスさまっ♪Repeat』や『うたの☆プリンスさまっ♪Music』が好調だったとのこと。

日本一ソフトウェアでは、第3四半期までの好調さを受けて通期の業績予想を、売上高22億4600万円、営業利益3億0300万円、経常利益2億9100万円、純利益2億0300万円に上方修正しています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら