バンダイナムコゲームス、ソーシャルゲームの累計登録者数が1000万人を突破 | GameBusiness.jp

バンダイナムコゲームス、ソーシャルゲームの累計登録者数が1000万人を突破

その他 その他

バンダイナムコゲームスは、同社が配信しているソーシャルゲームの累計登録数が1,000万人を突破したと発表しました。
  • バンダイナムコゲームスは、同社が配信しているソーシャルゲームの累計登録数が1,000万人を突破したと発表しました。
  • バンダイナムコゲームスは、同社が配信しているソーシャルゲームの累計登録数が1,000万人を突破したと発表しました。
  • バンダイナムコゲームスは、同社が配信しているソーシャルゲームの累計登録数が1,000万人を突破したと発表しました。
バンダイナムコゲームスは、同社が配信しているソーシャルゲームの累計登録数が1,000万人を突破したと発表しました。

同社はこれまで『ガンダムロワイヤル』など3つのガンダムコンテンツのほか、『テイルズ オブ』や『仮面ライダー』といった、キャラクターの世界観を生かしたソーシャルゲームを企画・開発してきました。なかでも3つのガンダムコンテンツの登録者数は600万人を超えています。

今後は『ワンピース グランドコレクション』の配信を予定しており、ソーシャルゲームにおいてプレーヤーから高い満足度を得られる企画・開発をおこなっていくとのことです。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS

(C)いのまたむつみ(C)藤島康介
(C)NBGI
developed by KlabGames

(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映ビデオ・東映
(C) 2011 NBGI
《近藤智子》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら