福岡ゲーム企業9社 今年もインターンシップ4コース35名 | GameBusiness.jp

福岡ゲーム企業9社 今年もインターンシップ4コース35名

その他 その他

福岡ゲーム産業振興機構は、2011年12月より「第12回FUKUOKAゲームインターンシップ」の参加者を募集している。このインターンシップはゲームクリエイターを目指す学生やアマチュアに企業での体験の場を提供し、今後の就業につなげるものだ。
  • 福岡ゲーム産業振興機構は、2011年12月より「第12回FUKUOKAゲームインターンシップ」の参加者を募集している。このインターンシップはゲームクリエイターを目指す学生やアマチュアに企業での体験の場を提供し、今後の就業につなげるものだ。
福岡ゲーム産業振興機構は、2011年12月より「第12回FUKUOKAゲームインターンシップ」の参加者を募集している。このインターンシップはゲームクリエイターを目指す学生やアマチュアに企業での体験の場を提供し、今後の就業につなげるものだ。

福岡ゲーム産業振興機構は福岡地域のゲーム産業の振興を目指し、地域のゲームソフト関連団体GFFと福岡市、九州大学が組織している。インターンシップ制度はその活動の一環で、ゲーム企業がまとまって参加者を募集する珍しい例となっている。

参加企業は9社で、アルティ、エレメンツ、ガンバリオン、gumi、サイバーコネクトツー、システムソフト・アルファー、タウンファクトリー、デジタルハーツ、レベルファイブである。いずれも九州に拠点を構える様々なタイプの企業が揃った。

募集対象はゲームクリエイターを目指す大学生、専門学校生、さらにアマチュアで、1月13日(必着)まで、郵送で受け付ける。また、募集は企業別でなく、職種別になっていることもユニークだ。プログラマーコース、デザイナーコース、プランナーコース、デバックプレイヤーコースの4コースで実施、合計約35名を受け入れる。応募者の希望を踏まえマッチングをし、書類選考後、予定企業での面接をする。
 
インターンシップであるため、期間中の賃金は払われないが、プロジェクトの魅力は福岡を代表するゲーム企業の職場を実際に体験出来ることだ。また、インターンシップが実際の仕事に結びつく可能性もある。
 
FUKUOKAゲームインターンシップは、前回までに合計160名のインターンシップを受け入れてきた。このうち24名が実際に採用され、福岡のゲーム企業に就職している。ゲーム業界志望者とゲーム業界を結ぶ大きな役割を果たしている。
 
インターンシップの詳細の確認、応募要項・申込書のダウンロードは、福岡ゲーム産業振興機構のサイトにて確認出来る。また、GFFウェブサイト/FUKUOKAゲームインターンシップblogでは、参加者の生の体験を知ることが出来る。

第12回FUKUOKAゲームインターンシップ
受入予定企業: 
(1) 株式会社アルティ、(2) 有限会社エレメンツ、(3) 株式会社ガンバリオン、(4) 株式会社gumi、
(5) 株式会社サイバーコネクトツー、(6) システムソフト・アルファー株式会社 、(7) 有限会社タウンファクトリー 
(8) 株式会社デジタルハーツ 、(9) 株式会社レベルファイブ
受入予定人数: 9社 合計35名程度
募集期間: 平成23年12月14日〜平成24年1月13日必着
実施時期: 平成24年2月下旬〜3月下旬頃
募集要項: 4コースで実施
・プログラマーコース  ・デザイナーコース 
・プランナーコース  ・デバッグプレイヤーコース
実施時期・期間: 
平成24年2月下旬〜3月下旬の間で1ヶ月程度を予定。
応募対象: 大学生、専門学校生、一般アマチュア等でゲームクリエイターを真剣に目指している方。
申込方法: ・申し込み用紙に記入の上、作品を同封して郵送
*詳細は下記サイトで確認ください。
http://www.fukuoka-game.com/internship_12.html
福岡ゲーム産業振興機構
URL: http://www.fukuoka-game.com/internship_12.html 
第12回FUKUOKAゲームインターンシップ
http://www.fukuoka-game.com/internship_12.html
FUKUOKAゲームインターンシップblog
http://www.gff.jp/internship/
《アニメ!アニメ!ビズ》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら