バンダイナムコゲームス、独自のAndroidアプリマーケット「バナドロイド」をオープン | GameBusiness.jp

バンダイナムコゲームス、独自のAndroidアプリマーケット「バナドロイド」をオープン

その他 その他

株式会社バンダイナムコゲームス  が、独自のAndroidアプリマーケット「  バナドロイド  」をオープンした。
  • 株式会社バンダイナムコゲームス  が、独自のAndroidアプリマーケット「  バナドロイド  」をオープンした。
株式会社バンダイナムコゲームスが、独自のAndroidアプリマーケット「バナドロイド」をオープンした。

「バナドロイド」は、アプリの配信から課金、登録ユーザー情報などをバンダイナムコゲームス自身が管理・運営するAndroidt向けアプリのマーケットプレイス。

現在はまだβサービス中なので配信タイトルは12タイトルのみだが、今後ラインナップは増える予定。現在は『パックマン』『リッジレーサー』『塊魂』など同社の看板タイトルや無料アプリ『花火の達人』『パンダとなめこ』などが配信されている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら