SCEE社長、今後PS3は若年層やファミリー市場の開拓を目指す | GameBusiness.jp

SCEE社長、今後PS3は若年層やファミリー市場の開拓を目指す

Sony Computer Entertainment Europe(SCEE)の社長を務めるJim Ryan氏は、海外サイトのインタビューにおいて、PlayStation 3が来年以降、若年ユーザー層やファミリー市場にフォーカスしていく考えを明らかにしました。

その他 その他
Sony Computer Entertainment Europe(SCEE)の社長を務めるJim Ryan氏は、海外サイトのインタビューにおいて、PlayStation 3が来年以降、若年ユーザー層やファミリー市場にフォーカスしていく考えを明らかにしました。

Official PlayStation Magazine UKの取材で氏が伝えた内容によれば、過去のPS1やPS2時代には129英ポンドという本体価格設定で最も大きな成功を収めているため、2ヶ月前にようやく199英ポンド(日本円でおよそ2万4,000円)になった現行機のPS3には、まだ十分に売れるポテンシャルが残されているとのこと。

Ryan氏は、コアゲーマーが軽視されることは決して無いと念を押した上で、今後はPS3がこれまでより若干年齢の低いユーザーやファミリー層をターゲットにし、PS1やPS2で成功しながらPS3ではまだ開拓できていない新たな市場に足を踏み入れたいと展望を語っています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら