CryEngine 3で再現された超リアルなタイタニック号 | GameBusiness.jp

CryEngine 3で再現された超リアルなタイタニック号

今回ご紹介するのはCrytekのゲームエンジン“CryEngine 3”を使用して再現されたタイタニック号の内部映像です。内装やインテリアに加えて、照明のON/OFFやトレイの水を流すといったギミックまで作りこまれています。

その他 その他
今回ご紹介するのはCrytekのゲームエンジン“CryEngine 3”を使用して再現されたタイタニック号の内部映像です。内装やインテリアに加えて、照明のON/OFFやトレイの水を流すといったギミックまで作りこまれています。



この映像はORM Entertainmentが手がけるMod作品“Titanic - Lost in the Darkness<”のものですが、詳細は殆ど不明。当初は“CryEngine 2”にて制作されていたようです(公式YouTubeチャンネルにも“CryEngine 2”版の映像がアップロードされている)。
《GameBusiness.jp》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら