【TGS 2011】日本上陸の『カータウン』、東京ゲームショウに出展 | GameBusiness.jp

【TGS 2011】日本上陸の『カータウン』、東京ゲームショウに出展

その他 その他

先日フィーチャーフォン版Mobageにてソーシャルゲーム『カータウン』のサービス提供を開始したCie Games Japan株式会社が東京ゲームショウ2011に出展しています。
  • 先日フィーチャーフォン版Mobageにてソーシャルゲーム『カータウン』のサービス提供を開始したCie Games Japan株式会社が東京ゲームショウ2011に出展しています。
  • 先日フィーチャーフォン版Mobageにてソーシャルゲーム『カータウン』のサービス提供を開始したCie Games Japan株式会社が東京ゲームショウ2011に出展しています。
  • 先日フィーチャーフォン版Mobageにてソーシャルゲーム『カータウン』のサービス提供を開始したCie Games Japan株式会社が東京ゲームショウ2011に出展しています。
  • 先日フィーチャーフォン版Mobageにてソーシャルゲーム『カータウン』のサービス提供を開始したCie Games Japan株式会社が東京ゲームショウ2011に出展しています。
  • 先日フィーチャーフォン版Mobageにてソーシャルゲーム『カータウン』のサービス提供を開始したCie Games Japan株式会社が東京ゲームショウ2011に出展しています。
先日フィーチャーフォン版Mobageにてソーシャルゲーム『カータウン』のサービス提供を開始したCie Games Japan株式会社が東京ゲームショウ2011に出展しています。

もともと『カータウン』(Car Town)はFacebookにて提供されているPC向けのソーシャルゲームで、Facebookでは800万人以上もの月間アクティブユーザー数(MAU)を誇る人気タイトルです。

ゲーム内に登場する車は実在するメーカーの車。「Honda」「GM」「Ferrari」など20社以上の自動車メーカーとライセンス契約を結んでいるそうで、100種類以上の仮想の”実名車種”をゲームを通して集めることができます。また車に特化したモチーフであるため、「車」に関連付けたコラボレーションやタイアップも頻繁に実施しています。



日本進出にあたり、当初はオリジナルのCar Townと同様に「車の街作り」をメインにしたPC向けのタイトルになる予定でしたが、日本のソーシャルゲーム市場がモバイルが中心であることを踏まえてMobageにてフィーチャーフォン向けタイトルとして提供することになったとのこと。なのでオリジナル版とは若干異なり、街作りよりも「レース」と「車集め」がメインになっているそうです。ユーザーはレーサーとなって「ドライブ」で日本全国にプロットされたマップを進み、各マップに登場するボスキャラクターとのレース対決を行いつつ、洗車やタイヤ交換などの「ジョブ」をこなしながら仮想通貨「ギア」を集め、好きな車をコレクションしていきます。またコレクションした車はボディカラーやエンジンなどのパーツを組み合わせることができ、「着せ替え」ならぬ「チューニング」を楽しむこともできるとのこと。

ブース内ではMobage版「カータウン」のフライヤーも配布中。フィーチャーフォン向けタイトルであることをアピールするためか縦長の冊子状になっているのが印象的です。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら