KONAMIの大ヒットソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション』が漫画化決定 ― プレス発表会をレポート | GameBusiness.jp

KONAMIの大ヒットソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション』が漫画化決定 ― プレス発表会をレポート

その他 その他

KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
  • KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました
KONAMIは、1周年を迎える人気ソーシャルゲーム『ドラゴンコレクション(以下、ドラコレ)』のプレス発表会を行いました

大型企画が3つ発表されたこの模様はニコニコ生放送でも配信。『ドラコレ』内で使用できるシリアルコードが発表されるというころもあり10万人以上が視聴したようです。

■3つの大型企画をチェック
コナミデジタルエンタテイメント執行役員の上原和彦氏の挨拶を皮切りに、『ドラコレ』エグゼクティブプロプロデューサーの早川英樹氏が登場。“GREE Platform Award 2010総合大賞”“GREE Platform 2011年 上半期優秀アプリ表彰 殿堂入り”の2つの賞を受賞した喜びと共に、総合ランキング44週連続1位(2011年8月18日現在)という状況に感銘を受けている様子でした。次のステップへと題した3つの企画はいずれも豪華なものとなっています。

・ドラゴンコレクション×ローソン×サントリー
第1弾は、全国のローソンにて缶コーヒー「BOSS(7商品が対象)」を購入することで『ドラコレ』内で使用できるアイテムやイベント限定カード「BOSSイーツ」が手に入るというもの。さらにWチャンスとして、最弱モンスター“ジェリー”のフィギュアアクセサリーや“Sレア限定ガチャチケット”などが抽選で当たります。
(詳しくはhttp://lwp.jp/dcl/)

・マガジン5誌連動
第2弾ではミスマガジンが『ドラコレ』に登場するモンスターのコスプレ姿で華やかに登場。GREE内でドラコレガールズとして活動している彼女たちの発表により、講談社より発売されている“マガジン”5誌との連動プロモーションが明かされました。これは各誌のQRコードを読み取ることで以下の超豪華オリジナルレアモンスターカードがゲットできるというもの。こちらもWチャンスとして、“レア+”や“Sレア”のモンスターカードが抽選で用意されています。

★8月21日発売「週間少年マガジン」
オリジナル書き下ろしモンスター3種から、応募者の属性に対応した1体

★9月5日発売「ヤングマガジン」
「サイコメトラーEIJI」朝基まさし オリジナル書き下ろしモンスターカード

★9月6日発売「月間少年マガジン」
「ノラガミ」あだちとか オリジナル書き下ろしモンスターカード

★9月9日発売「別冊少年マガジン」
「どうぶつの国」雷句誠 オリジナル書き下ろしモンスターカード

★9月20日発売「マガジンSPECIAL」
「くろのロワイヤル」木下由一 オリジナル書き下ろしモンスターカード

・初のソーシャルゲームを題材とした漫画がスタート
最後の重大発表を飾るため登場したのは「週間少年マガジン」編集長の森田浩章氏。8月31日発売号の「週間少年マガジン」で『ドラコレ』を題材とした「ドラゴンコレクション 竜を述べるもの」の連載が始まることが告げられました。KONAMI原案・監修のもと、金城宗幸氏のシナリオと芝野郷太氏の作画にて展開されます。

ここで『ドラコレ』エグゼクティブプロデューサーの早川氏が再び登場し、去年末から企画をあたためていたことが明かされました。早川氏に呼び出されたという森田氏は「企画を頂くまで『ドラコレ』を知らなかった。コラボの漫画というのはハードルが高いので、断る理由を探すつもりでプレイしてみたらハマってしまいました」と語り、「10ヵ月ぐらいプレイして、今のレベルは109」と周囲を驚かせていました。

一方、早川氏は「こういった企画を持ち込んだ際の第一声は“漫画化します”といったお返事かと思っていたのですが、最初の一言目が“ハマりました”だったんです。これは断られると思っていたのですが、漫画化して頂けるうえに制作者以上にここまでハマっていただけて嬉しいです」と続けます。単行本なども協力しておもしろい仕掛けを考えていきたいとのこと。今後の展開にも注目です。


■漫画のアテレコに豪華ゲストが登場!
ここでサプライズゲストとして大の『ドラコレ』ユーザーだというローラさんとTKOの2人が登場。ローラさんと木下さんは“森”、木本さんは“水”の属性を使って移動中や楽屋でプレイしているんだそうです。

司会者よりモンスターカード「九尾の狐」が舌をペロッと出していることから、制作者内では「九尾の狐」がローラと呼ばれていることが明かされます。話を聞いて、舌をペロッと出すいつものポーズで大喜びのローラさん。それを見て羨ましく思った木下さんがトロールのコスプレをする一幕も・・・。

トロールそっくりな木下さんでしたが、制作者内ではアダ名として呼ばれてないことを聞くとガックリとした表情でした。発表会の最後には、一足先に漫画の導入部分が公開されローラさんとTKOの2人アテレコを披露し、豪華な企画が目白押しとなった発表会は幕を閉じました。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら