「グランディア」「ガングリフォン」の宮路武氏が逝去 | GameBusiness.jp

「グランディア」「ガングリフォン」の宮路武氏が逝去

その他 その他

ジー・モードは同社代表取締役で「グランディア」「ガングリフォン」などの名作を手がけたゲームクリエイターの宮路武氏が7月29日に急逝したと発表しました。逝去に伴い同日付で代表取締役を退任しています。

宮路氏は1965年生まれ。1984年に兄の洋一氏らとゲームアーツを立ち上げ、「シルフィード」「ガングリフォン」「グランディア」などのゲームを手がけてきました。2000年には携帯電話向けのゲームを開発するジー・モードを立ち上げ、日本のモバイルゲームを牽引してきました。

後任の代表取締役には筆頭株主であるアプリックスの代表取締役で、宮路氏とは30年近い親交があったという郡山龍氏が就任します。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら