レベルファイブとDeNA、業務提携し『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発 | GameBusiness.jp

レベルファイブとDeNA、業務提携し『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発

レベルファイブとディー・エヌ・エーは共同記者会見を本日午後に開催し、ソーシャルゲーム分野でグローバル展開も含めた業務提携を行うことを発表。第1弾の展開として『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発し、今年秋にもサービスインすることを明らかにしました。

その他 その他
レベルファイブとディー・エヌ・エーは共同記者会見を本日午後に開催し、ソーシャルゲーム分野でグローバル展開も含めた業務提携を行うことを発表。第1弾の展開として『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発し、今年秋にもサービスインすることを明らかにしました。
  • レベルファイブとディー・エヌ・エーは共同記者会見を本日午後に開催し、ソーシャルゲーム分野でグローバル展開も含めた業務提携を行うことを発表。第1弾の展開として『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発し、今年秋にもサービスインすることを明らかにしました。
  • レベルファイブとディー・エヌ・エーは共同記者会見を本日午後に開催し、ソーシャルゲーム分野でグローバル展開も含めた業務提携を行うことを発表。第1弾の展開として『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発し、今年秋にもサービスインすることを明らかにしました。
  • レベルファイブとディー・エヌ・エーは共同記者会見を本日午後に開催し、ソーシャルゲーム分野でグローバル展開も含めた業務提携を行うことを発表。第1弾の展開として『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発し、今年秋にもサービスインすることを明らかにしました。
レベルファイブとディー・エヌ・エーは共同記者会見を本日午後に開催し、ソーシャルゲーム分野でグローバル展開も含めた業務提携を行うことを発表。第1弾の展開として『レイトン教授ロワイヤル』を共同開発し、今年秋にもサービスインすることを明らかにしました。

レベルファイブの「レイトン教授」シリーズはニンテンドーDSを中心に世界で1200万本以上を出荷したナゾトキアドベンチャーゲーム。一方のディー・エヌ・エーの「ロワイヤル」シリーズは『怪盗ロワイヤル』を代表とするソーシャルゲームで、ユーザー数は1000万人を超えます。

『レイトン教授ロワイヤル』はまずフィーチャーフォンで秋頃に提供を開始し、その後、スマートフォン(ブラウザ)の対応も予定しているとのこと。ゲームの詳細は明らかにされていませんが、イメージアートが公開されています。基本無料のアイテム課金となる予定。

記者会見の様子は追ってお伝えします。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら