東映アニメーションとDeNAがソーシャルゲーム事業で連携、今春『スラムダンク』を展開 | GameBusiness.jp

東映アニメーションとDeNAがソーシャルゲーム事業で連携、今春『スラムダンク』を展開

その他 その他

東映アニメーションとディー・エヌ・エーは、ソーシャルゲーム事業で連携すると発表しました。
  • 東映アニメーションとディー・エヌ・エーは、ソーシャルゲーム事業で連携すると発表しました。
  • 東映アニメーションとディー・エヌ・エーは、ソーシャルゲーム事業で連携すると発表しました。
  • 東映アニメーションとディー・エヌ・エーは、ソーシャルゲーム事業で連携すると発表しました。
  • 東映アニメーションとディー・エヌ・エーは、ソーシャルゲーム事業で連携すると発表しました。
東映アニメーションとディー・エヌ・エーは、ソーシャルゲーム事業で連携すると発表しました。

具体的な内容については、東映アニメーションが「モバゲータウン」向けにソーシャルゲームを展開。東映アニメーションが有するコンテンツをソーシャルゲーム化し、2011年3月9日より順次展開していきます。

まず、今でも根強い人気を誇るバスケットボールTVアニメ「スラムダンク」を題材にしたソーシャルゲーム『スラムダンク for モバゲー』の開発が決定。

さらに人気漫画「農業ムスメ!」を題材にしたソーシャルゲーム『農業ムスメ!』を本日3月9日よりサービス開始します。

『スラムダンク for モバゲー』は、プレイヤーが「スラムダンク」に登場する高校の生徒となり、桜木花道や流川楓など、おなじみのキャラクターと一緒に練習や試合を進めていき、チームを強化していきます。さらにユーザー同士で協力してチームを育成する協力プレイも搭載されます。

本日より「モバゲータウン」内にて、事前登録の受付を開始。事前登録を済ませた人には、ゲーム内特典がもれなくプレゼントされます。

『スラムダンク for モバゲー』は2011年春予定、基本プレイ料金無料のアイテム課金制です。

また、本日よりスタートする『農業ムスメ!』は、東映アニメーション初の初のソーシャルゲーム。作品に登場するかわいい&のんびりした世界観を忠実に再現。

たくさんの野菜を育ててコレクションしたり、他のユーザーと野菜を交換したりといったソーシャル要素が盛り込まれています。

『農業ムスメ!』は好評サービス中、基本プレイ無料のアイテム課金制です。

東映アニメーションとDeNA は、今後も「モバゲータウン」で継続的にソーシャルゲームを提供してくとコメントしています。

(C)井上雄彦・アイティープランニング・東映アニメーション
(C)農業ムスメプロジェクト
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら