【GDC2011】シリコンスタジオ、ハイエンド向け統合ゲームエンジン「FRJ」をGDCで公開 | GameBusiness.jp

【GDC2011】シリコンスタジオ、ハイエンド向け統合ゲームエンジン「FRJ」をGDCで公開

その他 その他

様々なゲーム開発向けのミドルウェアを開発するシリコンスタジオはGDC会場にて新たしい統合型ゲームエンジン「コードネームFRJ」およびエフェクト開発ツール「BISHAMON」の3DS/iPhone/iPad/Android対応版を展示します。

「コードネームFRJ」(エフ・アール・ジェイ)はハイエンド開発向け統合エンジンで、3Dアクションゲームを中心に、FPS、レース、格闘、アクションRPG、シミュレーション、パズル等、多様なゲーム開発が可能。フレームワークとして12個のライブラリ(グラフィックス、物理、AI、サウンド、ネットワーク等)が用意されていて、すぐに開発を始める事が出来ます。同社のYEBIS、BISHAMONとの連携も図られています。

開発においては、編集した内容をすぐにターゲットの実機で確認できるのが特徴。これにより、デバッグや調整が容易になります。また、各種ツールが既に50種類以上が用意されていて、簡単に追加作成ができるようになっています。

マルチプラットフォームに対応していますが、各機種における固有のソースコードは全てエンジンがカバーしていて、プログラマはWindowsで動くものだけに集中するだけで複数機種への対応が可能です。

「コードネームFRJ」は2日から3日間のGDCエキスポ会場で公開されるとのこと。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら