PopCap、今年後半にも上場する方針・・・従業員400名、年間収益は約1億ドル | GameBusiness.jp

PopCap、今年後半にも上場する方針・・・従業員400名、年間収益は約1億ドル

カジュアルゲーム大手のPopCapが今年後半にも上場する方針を明らかにしました。

その他 その他
カジュアルゲーム大手のPopCapが今年後半にも上場する方針を明らかにしました。

CEOのDave Roberts氏が昨年末にForbesに対して語ったもので、「IPOを来年後半に行う予定です」と明言。同社は業界のベテランで長らく公開企業で役員を務めてきたSteve Raymund氏を昨年初めに役員に起用してからIPOがささやかれていましたが、Roberts氏は「準備は整いつつある」としています。

PopCapは2000年の設立。『Bejeweled 3』『Zuma』『Plants vs. Zombies』『Chuzzle』といったカジュアルゲームを自社サイト(popcap.com)やFacebookなどで提供しています。現在、約400名の従業員がおり、年間収益は1億ドルに達するようです。Roberts氏は今年中に約100名を拡充したい考えも示しています。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら