エイチアイ、DeNAを割当先とする総額1.63億円の第三者割当増資 | GameBusiness.jp

エイチアイ、DeNAを割当先とする総額1.63億円の第三者割当増資

その他 その他

エイチアイ<3846>は、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>を割当先とする、総額約1億6300万円の第三者割当増資を行うと発表しました。発行する株式数は1600株で、1株あたりの発行価額は10万2111円です。

エイチアイのMascotCapsuleファイルフォーマットは、「モバゲータウン」のモーションアバターの基盤技術として採用されており、同時に、エイチアイの開発ツールが「モバゲーオープンプラットフォーム」を利用するモバゲーアプリ開発会社に提供されているそうです。

今後、DeNAとの関係をさらに強化し、次世代3D環境の開発、環境構築などを目的とした協業体制を推進するため、今回、第三者割当増資を行うことにした、としています。

エイチアイでは、調達した資金の使途について、全額収益基盤の強化を目的として、3D分野のソフトウェア開発のための人件費やソフトウェア開発会社に対する業務委託費に充当する予定としています。

なお、DeNAは、第三者割当増資を引き受けることにより、エイチアイの第4位株主(所有割合5.23%)となります。
《木村英彦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら