ガンバリオン山倉社長、福岡県の男女共同参画表彰を受ける | GameBusiness.jp

ガンバリオン山倉社長、福岡県の男女共同参画表彰を受ける

その他 その他

福岡県は、少子高齢化が進行する中で活力ある社会の実現のため、女性の更なる社会進出を推進することを目的に、男女共同参画表彰を毎年実施していて、本年度の受賞者として、ガンバリオンの代表である山倉千賀子氏を選出しました。

ガンバリオンは1999年8月に設立。レベルファイブ、サイバーコネクトツーと並んで、福岡のゲーム産業を牽引する一社。GFFや福岡ゲーム産業振興機構の中心メンバーでもあります。代表作は『ONE PIECE』シリーズ(バンダイナムコゲームス)、『ジャンプスーパースターズ』(任天堂)など。良質なゲーム作りには定評があります。

授賞理由について福岡県は「平成11年にゲームソフト開発会社、ガンバリオンを設立。自らが起業したゲーム会社の女性社長として道を切り拓き、人気漫画作品などのゲームソフトを次々にプロデュース。日本有数のゲーム企業に成長させるとともに、産学官連携による人材育成や合同就職説明会、インターンシップなどに取り組み、地域のゲーム企業を牽引する活動を続けるなど、女性の社会進出に向けた新たなロールモデル(模範)として先駆的で実践的な活動を実施している。」としています。

山倉氏は自身のTwitterで「おはようございます!平成22年度福岡県男女共同参画表彰県民賞を受賞しました!」と報告。喜びを表していました。

また、同社では「山倉は平成11年に弊社を設立して以来、仲間と共に永く愛されるゲームづくりに邁進してまいりました。当受賞は山倉の今までの活動が、女性の社会進出に向けた先駆的な模範となった事が高く評価されたものと思います。山倉は今回の受賞に満足することなく更なる飛躍を改めて決意する所存です。」とのコメントを発表しています。

福岡県では11月27日に開催する「あすばる男女共同参画フォーラム2010」の中で表彰式を実施するとしています。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら