日本赤十字社とゲームメーカー6社がコラボ、「akiba:F献血ルーム」に『ととモノ。3』などを展示 | GameBusiness.jp

日本赤十字社とゲームメーカー6社がコラボ、「akiba:F献血ルーム」に『ととモノ。3』などを展示

その他 その他

アトラス、アクワイア、セガ、バンダイナムコゲームス、フロム・ソフトウェア、マーベラスエンターテイメントのゲームメーカー6社は、日本赤十字社の「akiba:F献血ルーム」とコラボレーションする共同展示企画を15日より開催します。
  • アトラス、アクワイア、セガ、バンダイナムコゲームス、フロム・ソフトウェア、マーベラスエンターテイメントのゲームメーカー6社は、日本赤十字社の「akiba:F献血ルーム」とコラボレーションする共同展示企画を15日より開催します。
  • アトラス、アクワイア、セガ、バンダイナムコゲームス、フロム・ソフトウェア、マーベラスエンターテイメントのゲームメーカー6社は、日本赤十字社の「akiba:F献血ルーム」とコラボレーションする共同展示企画を15日より開催します。
アトラス、アクワイア、セガ、バンダイナムコゲームス、フロム・ソフトウェア、マーベラスエンターテイメントのゲームメーカー6社は、日本赤十字社の「akiba:F献血ルーム」とコラボレーションする共同展示企画を15日より開催します。

この企画は、日本赤十字社の秋葉原にある「akiba:F献血ルーム」が実施してきた展示企画の一環で、家庭用ゲームソフトを扱った初の展示イベントになります。

ルーム内では、最新のプロモーション映像、イラスト、デザイン原画、設定本、関連書籍、プラモデル、フィギュア、造形物など、ルーム全体をゲームがゲームで飾られています。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら