Raven Software、40名をレイオフ・・・『シンギュラリティ』を開発 | GameBusiness.jp

Raven Software、40名をレイオフ・・・『シンギュラリティ』を開発

その他 その他

報道によれば、FPS『シンギュラリティ』(Singularity)を開発したRaven Softwareで約40名のレイオフがあったとのこと。

親会社であるアクティビジョンは人数に関しては触れませんでしたが、「『シンギュラリティ』の開発を終え、今後の状況に鑑みて、適切な規模にするという努力の結果」とコメントしています。

Raven Softwareは1990年に設立。『Quake』『Wolfenstein』『Star Wars』『X-Men』『Soldier of Fortune』などトリプルエー級タイトルを手掛けてきた名門デベロッパーです。1997年にアクティビジョンの傘下に入りました。最新作『シンギュラリティ』は国内ではスクウェア・エニックスから発売済み。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら