Xbox 360秋のアップデートにフィーチャーされる8つの新要素 | GameBusiness.jp

Xbox 360秋のアップデートにフィーチャーされる8つの新要素

その他 その他

既にプレビュープログラム対象者にはアップデートが適用されているXbox 360 秋のシステムアップデート。ハードディスクインストールが可能になるなど、以前のNXEほどの大型アップデートではありませんが、かゆい所に手が届くといったような細かな部分で改善が見られるようです。その内容は以下より。

* 改善されたボイス音質
- 新たなオーディオコーデックはXbox LIVEパーティーチャットの音質を改善。
* ゲーマータグ変更時の新機能
- ゲーマータグを変更する際、5つのタグの候補が提案される。
* システムのバーチャルキーボード
- 度重なる入力をより簡単にする、QWERTY配列を採用。
* Xbox LIVEマーケットプレースの改善
- ゲームやコンテンツのアクセスに能率化され再構築、ダウンロード開始までのステップ数も減少。
* アバターの変更
- Kinectのゲームがより良くプレイ出来るように、アバターの身長が釣り合う様に変更。
* ワイヤレスネットワーク設定が簡単に
- 圏内のワイヤレスネットワークがリスト化で表示され、そこから選択可能に。
* 他のコントローラーからサインアウトが可能に
- ギターゲームのコントローラーを使用する場合など、より扱いやすく改善。未サインインのコントローラーから可能。
* 実績をコンプリートした全てのゲームが閲覧可能に
- 最初に取得した12のゲームしか確認できなかったものから、コンプリートした全てのゲームを閲覧可能に。

この他にも今回のアップデートでは、Zuneビデオの他、Kinectに対応したダッシュボードデザイン等を新たにフィーチャー。Kinect発売前の11月4日以前には全ユーザーに向けて適用されると見られています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら