Windows Phone 7向けの開発環境が無償で公開 | GameBusiness.jp

Windows Phone 7向けの開発環境が無償で公開

マイクロソフトは、同社が準備中のスマートフォン向けプラットフォーム「Windows Phone 7」の開発環境を無償で公開しました。Visual Studioに準拠した環境で、現在英語版のみながら、これ一式あればWindows Phone 7向けのアプリケーション開発ができることになります。

その他 その他
マイクロソフトは、同社が準備中のスマートフォン向けプラットフォーム「Windows Phone 7」の開発環境を無償で公開しました。Visual Studioに準拠した環境で、現在英語版のみながら、これ一式あればWindows Phone 7向けのアプリケーション開発ができることになります。

開発環境にはVisual Studioに準拠した「Visual Studio 2010 Express for Windows Phone」、エミュレーターである「Windows Phone Emulator Resources」などが含まれています。

また、Visual Studio 2010の正規ユーザー向けにはVisual BasicのWindows Phone 7バージョンも無償で公開されています。こちらはXNAに対応したアプリケーションは開発できないものの、Visual Basicユーザーには嬉しいですね。

しかし端末はいつになるんでしょうか。来月には発表があるという噂もありますが。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら