『戦国BASARA3』国内出荷本数が50万本を突破 | GameBusiness.jp

『戦国BASARA3』国内出荷本数が50万本を突破

その他 その他

徳川家康と石田三成がぶつかった「関ヶ原の戦い」を中心に、キャラクター達が大暴れするシリーズ最新作『戦国BASARA3』。
  • 徳川家康と石田三成がぶつかった「関ヶ原の戦い」を中心に、キャラクター達が大暴れするシリーズ最新作『戦国BASARA3』。
徳川家康と石田三成がぶつかった「関ヶ原の戦い」を中心に、キャラクター達が大暴れするシリーズ最新作『戦国BASARA3』。

『戦国BASARA3』では、「バサラ技」などお馴染みのシステムに加え、一定時間、敵の動きがスローに見える「戦刻ブースト」など、新たなフィーチャーも多数採用。7月29日に発売され人気となっていますが、国内出荷本数が50万本を突破したとのこと。ほぼ1か月での達成となりました。『戦国BASARA3』は、PS3版が6,990円(税込)、Wii版が5,990円(税込)、「戦国BASARA3クラシックコントローラPRO【シロ/クロ】パック」が6,990円(税込)で好評発売中です。

また、いよいよ明日9月9日から、PSP版『戦国BASARA バトルヒーローズ』のダウンロード版が登場。価格は1,600円(税込)とのこと。さらにPSP the Bestも2,100円で再登場します。

加えて、『戦国BASARA3 オフィシャルコンプリートガイド』がいよいよ9月16日に発売となります。PS3/Wii版『戦国BASARA3』に登場する、全16武将の技や能力に加えて、アイテム・装具・仲間リストなどのデータも完全網羅。また、戦国ドラマ絵巻のフローチャートの全公開や全合戦ステージの攻略法など徹底解説したファン待望の1冊となっています。定価は1,575円(税込)です。
《富岡昌》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら