バンダイナムコ、ゲーム特許28件を有償で公開・・・朝刊チェック(7/21) | GameBusiness.jp

バンダイナムコ、ゲーム特許28件を有償で公開・・・朝刊チェック(7/21)

その他 その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「神前結婚記念日」です。1897年の今日、東京・日比谷大神宮で2組の結婚式が行われました。これが日本初の神前結婚式といわれることから設けられた日。それ以前は、神前で結婚式を挙げる風習は庶民の間ではなかったといわれています。

日経産業新聞4面「バンダイナムコ、ゲーム特許28件を有償でDB公開」
バンダイナムコゲームスは、自社が保有する特許技術28件を有償で公開しました。ゲーム機のコントローラやキャラクターの操作方法に関する技術などを独立行政法人の興行所有権情報・研修館(INPIT)が運営するデータベース上で公開、対価を得ます。ゲームソフト会社で特許を有償で公開するのは珍しいケース。

日経産業新聞4面「パンダネット、リアルに囲碁対局できるiPad用アプリ開発」
囲碁サイトのパンダネットは、米アップルの多機能携帯端末iPad向けのアプリケーションを開発しました。タッチパネルの特性を生かし、実際の対局と同じような感覚で碁石を打つことができるのが特徴です。アプリのインストールと観戦は無料で、対局や学習機能を利用したりするには月1050円〜2625円の会費が必要になります。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら