MySpace、ソーシャルゲーム挽回へデベロッパー支援を強化、自社開発も開始 | GameBusiness.jp

MySpace、ソーシャルゲーム挽回へデベロッパー支援を強化、自社開発も開始

その他 その他

老舗のSNSながら、先んじてオープン化を進めたFacebookの後塵を拝しているMySpaceですが、ソーシャルゲームに今後、より注力していく方針を明らかにしました。新たにMySpace Games Labを立ち上げ、デベロッパーの支援に力を入れるほか、自社でもゲーム開発に乗り出します。

MySpaceでは、同SNSで最大勢力を誇るPlaydomとの間でパートナーシップを組み、どのようなゲームがMySpace上でのソーシャルゲームとしてふさわしいかどうかアドバイスを行ってきたそうです。Games Labでは今後はその取り組みを他のデベロッパーにも広げ、MySpaceでのゲーム開発を支援します。最初のデベロッパーにはTheBrothとMeezの名前が挙がっています。

「MySpaceと緊密に仕事をすることは、『Mobsters』や『Sorority Life』の成功に大きな意味を持ちました。私たちはMySpaceのアドバイスを受け、彼らは私たちのリクエストをプラットフォームの構築に生かしてきました。このパートナーシップが更に共有されることでMySpaceでのソーシャルゲーム体験がより広がる事を期待します」とPlaydomのCEOであるJohn Pleasants氏はコメントしています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら