アップルの新型タブレットはエンタメ用途? iPhone OS 4.0を搭載 | GameBusiness.jp

アップルの新型タブレットはエンタメ用途? iPhone OS 4.0を搭載

ソーシャルメディア関連の調査会社Flurryは、アップルのクパチーノ本社にて、約50台の新型タブレットがテストされていると ブログ で述べています。

その他 その他
ソーシャルメディア関連の調査会社Flurryは、アップルのクパチーノ本社にて、約50台の新型タブレットがテストされていると ブログ で述べています。
  • ソーシャルメディア関連の調査会社Flurryは、アップルのクパチーノ本社にて、約50台の新型タブレットがテストされていると ブログ で述べています。
ソーシャルメディア関連の調査会社Flurryは、アップルのクパチーノ本社にて、約50台の新型タブレットがテストされているとブログで述べています。

新型タブレットは現行のiPhoneが搭載している3.12よりも進んだiPhone OS 4.0を搭載していて、iPhone向けのアプリケーションも利用できる模様。Flurryはアプリケーションがダウンロードされた場所を特定する技術を持ち、アップル本社周辺で新型タブレットと思われる機器・約50個から200のアプリケーションがダウンロードされていると主張しています。

新型タブレットと思われる機器は昨年10月頃から見られるようになり、今年に入ってから急増しているそうです。iPhone用のアプリケーションがきちんと動作するかのテストを行っているものと考えられます。

同社はどのようなアプリケーションがダウンロードされているのというカテゴリ別のデータも開示していて、ゲームやエンターテイメントカテゴリが圧倒的であることが示されています。ライバルと目されるアマゾンのKindleは電子書籍端末からアプリケーション全般へと広げようとする戦略ですが、アップルはまずはエンターテイメント分野で基礎を築くという戦略なのかもしれません。既にEAなどの複数社がゲームを提供すると報じられています。

新型タブレットは明日27日に発表される見込みです。
《土本学》
土本学

メディア大好き人間です 土本学

1984年5月、山口県生まれ。幼稚園からプログラムを書きはじめ、楽しさに没頭。フリーソフトを何本か制作。その後、インターネットにどっぷりハマり、幾つかのサイトを立ち上げる。高校時代に立ち上げたゲーム情報サイト「インサイド」を株式会社IRIコマース&テクノロジー(現イード)に売却し、入社する。ゲームやアニメ等のメディア運営、クロスワードアプリ開発、サイト立ち上げ、サイト買収等に携わり、現在はメディア事業の統括。

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら