プロeスポーツ選手が資格取得に挑戦するTAC×忍ism 共同企画「シカチャレ」が実施決定 | GameBusiness.jp

プロeスポーツ選手が資格取得に挑戦するTAC×忍ism 共同企画「シカチャレ」が実施決定

現役プロゲーマー2名が「簿記検定」「行政書士 / ビジネス実務法務」試験に挑戦します。

ゲーム開発 ゲームエンジン
プロeスポーツ選手が資格取得に挑戦するTAC×忍ism 共同企画「シカチャレ」が実施決定
  • プロeスポーツ選手が資格取得に挑戦するTAC×忍ism 共同企画「シカチャレ」が実施決定
  • プロeスポーツ選手が資格取得に挑戦するTAC×忍ism 共同企画「シカチャレ」が実施決定
  • プロeスポーツ選手が資格取得に挑戦するTAC×忍ism 共同企画「シカチャレ」が実施決定
  • プロeスポーツ選手が資格取得に挑戦するTAC×忍ism 共同企画「シカチャレ」が実施決定

資格取得に向けた教育サービスを展開しているTACと、eスポーツチーム「忍ism Gaming」を運営する忍ismは、プロeスポーツ選手が資格取得にチャレンジする「シカチャレ」を実施します。

資格の取得には合格という明確なゴールが用意されており、いかに効率よく知識を吸収し、学んだ内容を最短で結果に結びつけられるかが重要です。こうした面は、ゲーム攻略とアプローチが似ているとも言えそうです。

本企画では、トッププレイヤーのあばだんご選手とヤマグチ選手が資格試験を「攻略」していく過程をYoutubeSNSを通じて発信。プロゲーマーを目指す人はもちろん、進路選択に悩む学生からキャリアアップを検討している社会人まで、幅広い人が楽しめる企画になるとのことです。

あばだんご選手とヤマグチ選手がチャレンジする資格は「日商簿記検定」、「行政書士 / ビジネス実務法務」が予定されています。

「シカチャレ」参加選手

あばだんご選手

2018年12月に忍ismへ加入。『スマッシュブラザーズ』界で国内外問わず圧倒的な知名度を持ち、生配信では同時視聴15,000人、YouTubeチャンネル登録数10万人オーバーと他を追随させない人気を獲得。前作の日本人大会成績をランキング化したJPRでは強豪多数のなか堂々の1位を獲得。

ヤマグチ選手

14歳から育成選手枠として忍ismに所属し、「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021 トライアウト大会#5」で準優勝した実績によりプロライセンスを取得。プロ格闘ゲーマーとして『ストリートファイター』の公式リーグに出場し、最年少ながら好成績でリーグ後半へ折り返すなど、もっとも勢いのある若手選手。

忍ism Gaming マネジメント担当 百地裕子氏のコメント

私自身、プロゲーマーとして生きていくなかで「今後をどう生きていくか」は常に不安の種でした。好きなことを仕事にするのは、責任を常に自分で背負うということ。そのなかで、資格という武器を装備することは、生き方のヒントにも、強みにもなり得ると思います。「シカチャレ」を通じてプロゲーマーたちが「試合」そして「資格試験」で闘う姿をご覧いただき、みなさんの人生選択においても何かのヒントになれば幸いです。

TAC マーケティング担当 松本隆氏のコメント

いち視聴者として楽しくeスポーツの試合を観戦させていただいている一方、一般のスポーツ選手と同じように選手のセカンドキャリアや、eスポーツ業界を支える人材の育成が近い将来必要になると考えています。まずはプロゲーマーの方たちに資格というものを知ってもらうことで、「シカチャレ」を通してさまざまなな選択肢やゴールがあることをゲーム好きの皆様に伝えられたら本望です!

《蚩尤》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら