強盗放置して『ポケモンGO』でカビゴンGETだぜ―元警官側“プライバシーの侵害”と主張するも敗訴 | GameBusiness.jp

強盗放置して『ポケモンGO』でカビゴンGETだぜ―元警官側“プライバシーの侵害”と主張するも敗訴

ポケモンの「画像」を捕まえていただけで、勤務中にゲームをしていたわけではないと主張。なお、「みんなが嫉妬するぞ!」と喜ぶ音声も記録されている模様です。

その他 事件
Photo by Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images
  • Photo by Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images
  • 強盗放置して『ポケモンGO』でカビゴンGETだぜ―元警官側“プライバシーの侵害”と主張するも敗訴
  • 強盗放置して『ポケモンGO』でカビゴンGETだぜ―元警官側“プライバシーの侵害”と主張するも敗訴
  • 強盗放置して『ポケモンGO』でカビゴンGETだぜ―元警官側“プライバシーの侵害”と主張するも敗訴
Photo by Jaap Arriens/NurPhoto via Getty Images

カビゴンがライマートに現れた」―『ポケモンGO』を勤務中にプレイし、発生中の強盗事件を放置したとしてアメリカ・ロサンゼルス市警の警官二人が解雇された事件に関して、元警官の2名は“プライバシーの侵害”と主張して控訴しましたが、敗訴したことが先週公開された裁判資料にて明らかになっています。

この事件は2017年4月、ロサンゼルス・クレンショーモールで発生したもの。メイシーズというデパートで強盗が起きたので対応してほしいとルイス・ロザーノ巡査とエリック・ミッチェル巡査の2名に要請しますが、2人は『ポケモンGO』のキャラクター・カビゴンが現れたためそちらへ急行しました。この一連の対応は音声でも確認されており、強盗犯ではなくカビゴンをどうやって捕まえるか作戦会議をしていたとのことです。

1月7日に公開された裁判記録によると「その後20分間に渡りポケモンについて話し合いながら、携帯電話に表示されるさまざまな場所に車を走らせていた様子を車内監視システムが捉えていた」と記載されており、カビゴンを捕まえに現地に向かう途中でトゲチックが出現したと確認するやいなや、ロザーノ巡査がミッチェル巡査にその旨を伝えた様子もカメラに映っていた模様です。トゲチックを捕まえた際には「なんてこった、みんなが嫉妬するぞ!」と述べていたとも記述されています。

メイシーズで発生した強盗犯は確保できなかったものの、カビゴンとトゲチックの二匹は確保できた2人。裁判ではポケモンの「画像」を捕まえていただけで、勤務中にゲームをしていたわけではないと主張しました。また、「ポケモンGO」はゲームではなく「ソーシャルメディア上のイベント」であるとも話しており、ロス市警が会話を聞いていたことなどからプライバシー侵害で控訴して判決を覆そうとしていましたが、1月7日に敗訴が決定しています。

「神話上の生き物を追いかけたい」とカビゴンを追いかけていた2人でしたが、みんなが嫉妬する結果にはならなかったようです。

《大里ミチル@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら