スエズ運河座礁事故によりニンテンドースイッチの輸送に遅れが発生―海外の一部の国で店頭在庫が厳しい状況に | GameBusiness.jp

スエズ運河座礁事故によりニンテンドースイッチの輸送に遅れが発生―海外の一部の国で店頭在庫が厳しい状況に

任天堂の決算説明会の質疑応答にて、代表取締役社長の古川俊太郎氏が回答しています。

市場 流通
スエズ運河座礁事故によりニンテンドースイッチの輸送に遅れが発生―海外の一部の国で店頭在庫が厳しい状況に
  • スエズ運河座礁事故によりニンテンドースイッチの輸送に遅れが発生―海外の一部の国で店頭在庫が厳しい状況に


2021年3月24日、アフリカとアジアの間に位置するスエズ運河で巨大なコンテナ船が座礁。それにより多くの船が立ち往生することになり、世界各国の経済に大きな打撃を与えました。


任天堂もその座礁事故の影響を受けているようで、2021年3月期決算説明会の質疑応答における同社代表取締役社長の古川俊太郎氏による回答では、「ニンテンドースイッチハードの足元の状況については、地域ごとに大きな違いがなく、全般的に強い需要が継続しています。ただし、海外においては、新型コロナウイルス感染症の影響により貨物便の減少や遅延が発生しており、一時的に店頭で欠品している地域があります。特に、スエズ運河の座礁事故の影響で欧州向けの製品の輸送に遅れが出ており、一部の国で店頭在庫がきびしい状況になっています」と記されています。


世界累計販売台数が8,100万台を突破し普及台数を好調に伸ばしているニンテンドースイッチですが、スエズ運河の座礁事故と新型コロナウイルス感染症による影響が相まって、一部地域の在庫状況に影響を及ぼしているようです。


《田上@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら