『Dying Light 2』は「早く発表しすぎたが、開発は前進し続けている」―ユーザーからの心配に反応 | GameBusiness.jp

『Dying Light 2』は「早く発表しすぎたが、開発は前進し続けている」―ユーザーからの心配に反応

「開発地獄」からは程遠い状態とのこと。

ゲーム開発 その他
『Dying Light 2』は「早く発表しすぎたが、開発は前進し続けている」―ユーザーからの心配に反応
  • 『Dying Light 2』は「早く発表しすぎたが、開発は前進し続けている」―ユーザーからの心配に反応
  • 『Dying Light 2』は「早く発表しすぎたが、開発は前進し続けている」―ユーザーからの心配に反応
  • 『Dying Light 2』は「早く発表しすぎたが、開発は前進し続けている」―ユーザーからの心配に反応


Techlandは、ゾンビパルクールアクション『Dying Light 2』の開発状況について、公式Twitterにてユーザーからの心配した声に反応する形で言及しました。


これは公式Twitterでのやり取りから出たもの。ユーザーの「開発地獄(開発が進展しないこと)状態に見えショックを受けています。」といった開発状況を心配するリプライに対して、開発陣は「我々はゲームを早く発表しすぎましたが、本作の開発は前進し続けており開発地獄状態とは程遠い状態です。」と返しています。


本作が発表されたのは2018年6月。その後、2020年春の発売から発売日未定へと延期が発表され、しばらくの間続報がない状態が続いていました。




『Dying Light 2』はPC(Steam)/PS4/Xbox One向けに発売予定。発売日は未定ですが、現地時間3月17日には本作について新たな開発情報の発表が予定されています

《みお@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら