PlayStation 5の後方互換性機能に関する詳細が公式サポートサイトに掲載 | GameBusiness.jp

PlayStation 5の後方互換性機能に関する詳細が公式サポートサイトに掲載

使い方や制限事項、非対応ゲームのリストなども。

企業動向 発表
PlayStation 5の後方互換性機能に関する詳細が公式サポートサイトに掲載【UPDATE】
  • PlayStation 5の後方互換性機能に関する詳細が公式サポートサイトに掲載【UPDATE】
  • PlayStation 5の後方互換性機能に関する詳細が公式サポートサイトに掲載【UPDATE】

次世代機PlayStation 5ではPlayStation 4のゲームが遊べる後方互換性が特徴の1つですが、公式サポートサイトに同機能の詳細が掲載されました。

以前伝えられたように4,000本以上あるPS4ゲームの大多数がプレイできるという本機能。一部のゲームはPS5によるブーストの恩恵を受け、より高い、あるいは滑らかなフレームレートでゲームをプレイできるとのこと。『Ghost of Tsushima』もPS5上での60FPS動作について明らかにしています。


また、4Kまでのダイナミック解像度に対応するタイトルでの恩恵もPS公式ブログにて記載。後日紹介される、PS5の新UX機能の一部も利用することができるようです。後方互換はPS NowやPS PlusのPS4タイトルでも変わらず使用できます。

一方、逆にエラーが起きたり予期しない動作を示すゲームもあるとのことです。うち、明確にPS4のみ対応と表記されたのは下記のゲーム。


    PS4 専用のゲーム
  • DWVR

  • Afro Samurai 2 Revenge of Kuma Volume One

  • TT Isle of Man - Ride on the Edge 2

  • Just Deal With It!

  • Shadow Complex Remastered

  • Robinson: The Journey(国内版あり)

  • We Sing

  • Hitman Go: Definitive Edition

  • Shadwen

  • Joe's Diner(国内版あり)


これらのゲームには「Playable on: PS4 only」のマークが付けられるそうです。その他、サポートページでは使い方や制限事項なども掲載されています。周辺機器の互換性に関しては過去の記事を参照ください。なお、PS4からPS5へのリモートプレイとPS Nowのストリーミングにも対応。ただし、ストリーミングではもちろんPS5のブーストの恩恵を受けることはできません。

PS4からのゲームやセーブデータの移動はLANケーブルや無線(WiFi)接続、外部USBストレージで行える他、セーブデータについてはPS Plus会員用のクラウドストレージによる移動も可能です。

また、同じゲームのPS4版とPS5版の間でのセーブデータの移動についてはあくまでデベロッパー側の判断によるものであるとし、『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales』については対応予定、『リビッツ!ビッグ・アドベンチャー』も発売後早いタイミングでのアップデートで対応するとしました。

PS4ゲームディスクをディスクドライブ搭載PS5でプレイする



  1. PS4ゲームディスクを挿入。アップデートのダウンロードが必要になる場合がある。

  2. ゲームホームからゲームハブを選択。

  3. ゲームプレイ時には毎回ディスクを挿入しておく必要がある。


PS5デジタル・エディションではPS4ゲームディスクは遊べない。

PS4本体からPS5本体へデジタル版ゲームを転送する



  • Wi-Fiデータ転送を使用してデジタル版ゲームと保存されたデータをPS4本体からPS5本体へと転送可能。

  • PS5の拡張ストレージに保存したPS4ゲームには、直接アクセス可能。



PS5本体にPS4デジタル版ゲームをインストールする



  1. ゲームホームからゲームライブラリを選択。

  2. プレイしたいゲームを選択。

  3. ゲームをまだダウンロードしていない場合は[ダウンロード]を選択。

  4. ゲームは自動的にインストールされる。ゲームによってはゲームの一部をコピーしてすぐにプレイするオプションが用意されている場合がある。



対象のPS4ゲームをPS5版にアップグレードする


PS4ゲームをPS5版にアップグレードするオプション用意されている場合がある(詳細ページ)。

PS5の後方互換性機能の制限



  • PS5本体でPS4ゲームをプレイ中はSHAREメニューを表示できない。DualSenseワイヤレスコントローラーのクリエイトボタンを押すとクリエイトメニューが表示され、スクリーンショットや画像を撮影可能。さらにボタンのショートカットを利用して、ビデオ録画を開始/停止したり、スクリーンショットを保存したりできる。

  • HDカメラはPS4ゲームに非対応。PlayStation Cameraアダプターを介してPlayStation Cameraを接続しなければならない。

  • HDRはPS5本体で自動的にオンになる。HDRをオフにするには[設定]>[スクリーンとビデオ]>[映像出力]>[HDR]で[SDR]を選択する。

  • PS4トーナメント機能はPS5本体ではサポートされていない。

  • PlayStationのゲーム内ライブはPS5本体ではサポートされていない。

  • ゲーム内でのLive from PlayStationについては、PS5本体では対応していない。

  • PS5本体はPS4 Second Screenアプリやゲームコンパニオンアプリをサポートしていない。


より詳細な情報はサポートページにてご確認ください。PS5は2020年11月12日に発売予定。

※UPDATE(2020/10/10 3:27):記事公開時、海外の公式サポートサイトを元に記事を作成しておりましたが、日本向けにも公開されたため、見出しと本文を日本向けに一部変更しました。
※UPDATE(2020/10/10 4:00):海外PS公式ブログ情報からの内容を追記しました。
※UPDATE(2020/10/10 4:30):『Ghost of Tsushima』動作について追記しました。
※UPDATE(2020/10/10 14:30):国内向けにPS公式ブログが公開されたため、記事内のリンクを差し替えました。

PlayStation 5の後方互換性機能に関する詳細が公式サポートサイトに掲載【UPDATE】

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら