7月に閉鎖されたMixerと契約を結んでいたストリーマー"Shroud"と"Ninja"がTwitchでの活動を再開 | GameBusiness.jp

7月に閉鎖されたMixerと契約を結んでいたストリーマー"Shroud"と"Ninja"がTwitchでの活動を再開

"Shroud"は日本時間8月13日3時から配信を行うことも明らかにしています

文化 その他
Robert Reiners/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ
  • Robert Reiners/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ
  • Robert Reiners/Getty Images Sport/ゲッティイメージズ

ストリーミング動画配信サービス「Mixer」が現地時間7月22日に閉鎖されたことに伴い、同サービスと専属契約を結んでいた海外ストリーマー"Shroud"ことMichael Grzesiek氏が、Twitchでの活動再開を発表しました。

同氏は2014年頃からYouTubeやTwitchでゲームの配信を開始し、どちらの媒体でも600万人以上のチャンネル登録者を集める人気配信者です。2019年10月には同じくストリーマー"Ninja"と共に「Mixer」との配信契約を締結し、活動の場を移していました。

"Shroud"は8月12日に自身のTwitter上で「I’m coming home」とコメントし、Twitchへの復帰を発表。日本時間8月13日3時から配信を行うことも明らかにしています。どのゲームを行うかなどは明らかにしていません。なお、"Ninja"も先週からTwitchでの活動を再開しています。現在は両氏とも独占配信契約などは結んでいないようです。

《Mr.Katoh@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら